マイネオ +350円でのパケットし放題登場!

マイネオ(mineo)

格安SIMのマイネオからパケット放題サービスが登場します。価格的には通常のプランにプラス350円/月で破格とも言える水準です。
ポイントとなるのは低速モードを500kbpsに引き上げて、それを使い放題にしたという点ですね。
実は昨年の6月に5周年企画と銘打って、低速の増速が行われていました。
増速の実験をした上で検証が済んでのサービス実証、ユーザーサイドから見て何か落とし穴はないか検証したいと思います。

1.2019年の6月の5周年企画 増速

【実施期間/設定速度】
6/10(月)早朝 〜 6/17(月)早朝   512kbps
6/17(月)早朝 〜 6/23(日)      1Mbps

今思うとこの2種類の速度での実証実験が行われたのが分かります。社内、利用者双方の意見をまとめた結果、500Kbpsという定額サービスの登場になったのだと思われます。当時の利用者の一人として、正直なところこの2週間に高速モードは利用しておりません。カーナビの地図を更新していないので、スマホのヤフーカーナビと併用して使ってみましたが、特に読み込みが遅いという感じはしませんでした。ちなみに200Kbpsの速度でヤフーカーナビを使うと、最初の起動に時間がかかります。ナビアプリは起動の際に周辺の地図情報をまずは読み込みますので、起動は高速モードで、移動中は低速モードで、という使い方で以外と200Kbpsの速度でも使えたりします。これが500Kbpsになると地図情報の読み込みもタイムラグがあまりなくなり、1Mだと全く問題ない、というのが当時の感想です。

ちなみに、速度計測アプリではきちんと500Kbps、1mの速度を確認しています。マイネオは好条件の場合は通常の低速モード(200kbps)でも400kbpsを越えている事を目にしてますし、昼時や朝夕の通期時間など速度低下を起こしやすい時を注意すれば十分低速モードでの普段利用もできたりします。

2.正式サービス後はどうか?

既存のマイネオユーザーは1/30から3/2まで料金無料で増速が開始されるので直ぐに体験する事ができます。
2月中にパケット定額でどれだけ使えるか、自分自身で体感することでこのサービスを利用するしない、を選択することができます。
これからじっくりと試すと良いと思います。

3.格安SIM系特有の落とし穴はあるか?

パケット定額、使い放題を謳う格安SIM系会社は他にもあり、また低速のパケット定額は筆者も使ったことがあります。確かdocomo系の1.5Mbps使い放題を利用。この時はあまり深く考えずに複数人での利用も可能かと思ってモバイルルーターに差して使ったものですが、敢え無く周りから苦情が出ることに。低速モードの定額系は当たり前なのかもしれませんが個人個人で使うものですね。
また、よく言われる大きな落とし穴が速度制限です。1日の使用量や3日間の使用量などで速度の規制が入る会社が多いです。

4.マイネオパケット放題ならDプラン一択か!?

価格的には月額基本料が安いau回線のAプランなのですが、Aプランだけ3日で6GB以上使うと速度制限される場合があります、との注意書きがあります。制限される、という言いきりではなく制限される場合がある。ちょっと微妙ですが、パケット定額が欲しい人はdocomo回線一択となります。(速度制限されませんがSプランは高いので)

Aプラン・Dプラン 月額利用料 700円
Sプラン 月額利用料 790円

実はこれ正直筆者はSプランは使っていないので断言できません。Sプラン、ようはソフトバンク回線ですが、回線利用料が高いので利用料金が高くなっているわけですが、ソフトバンク系のSプランのの登場はまだ2年も経っていませんが、高めが敬遠されて利用者次第ではSプランが安定して速度が出る可能性もあります。
この辺りはマイネオの結果発表なども見てみたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました