格安SIMにおすすめのスマホは?選び方とお得に購入する方法をご紹介!

mineo マイネオ 格安スマホでのスマホの選び方 マイネオ代理店のトラストがお送りします。 端末の情報

月々の通信量の支払いに疲れていませんか?そんな携帯通信量の支払いが劇的に安くなるのが「格安SIM」です。
大手3キャリアから格安SIM(格安スマホ)に乗り換えた場合、月々の携帯の支払いが1000円くらいに抑えることも可能です。
月々の通信料金の支払いを安くするなら、端末料金も安く済ますことでお財布にも非常に優しくなるはずです。
そこで今回は、格安SIMにおすすめの「SIMフリースマホ」についてご紹介していこうと思います。

SIMフリースマホとは

そもそもSIMフリースマホとは、様々な通信業者が提供するキャリアを自分で選び、本体に差し込むことでサービスを利用できるのが「SIMフリースマホ」です。
要するにキャリアに縛られることがなく、自分の使用用途に合わせて選ぶことができます。
また、海外にも持って行けるのも大きな特徴だと言えます。

SIMフリースマホの選び方

スマホには大きく分けて「エントリーモデル」「ミドルレンジモデル」「ハイエンドモデル」の3つがあります。それぞれの特徴を簡単にご紹介していきますね!

エントリーモデルの特徴

エントリーモデルは大体4万円以下で買うことができるのが特徴です。スマホにお金をかけたくない人など、気軽に購入することができるモデルです。エントリーモデルを格安SIMと一緒に使うことで月々の負担も減り、購入時の負担も抑えることができます。

おすすめな人

・インターネットなどを使ったネットサーフィンなどをメインに使う人
・とにかく安く済ませたい人
・仕事用など、サブとして使いたい人

不向きな人

・3Dなどの重いゲームをする人
・動画などをよく撮る人
・高画質な写真を撮りたい人

ミドルレンジモデルの特徴

ミドルレンジは、約4〜8万円と比較的安く手に入れることができ、なかなかの良い性能を持ったスマホなのが特徴です。また、最近ではミドルレンジスマホにおいても、機能が非常に優れたものを数万円で買える時代です。加えて、バリエーションも豊富なので、自分の使いたい機能を持ったスマホを選ぶことができます。

おすすめな人

・ゲームをほどほどにする人
・綺麗な写真を撮りたい人
・コスパが良いスマホを欲しい人

不向きな人

・3Dなどの重いゲームをする人
・コンデジにも劣らない写真を撮りたい人

ハイエンドモデルの特徴

ハイエンドモデルは8万円以上から購入でき、性能重視が特徴です。重いゲームや動画撮影を頻繁にする人におすすめできるのがこのハイエンドモデルです。高画質なカメラを搭載し、ちょっとしたノートパソコンよりも高いスペックを誇ります。そのため携帯で動画を編集する人や、3Dなどの重い処理も難なくこなせます。
コスパ重視のミドルレンジスマホも良いですが、予算があるならハイエンドスマホはいかがでしょうか。

おすすめな人

・ゲームをたくさんする人
・動画をよく撮る人
・高画質な写真を撮りたい人
・サクサク動く操作感を求めている人
・繊細なディスプレイを求めている人

不向きな人

・スマホにコスパを求めている人
・端末代にあまりお金をかけたくない人
・あまりスマホを使わない人

モデル別のおすすめスマホ

エントリーモデル、ミドルレンジモデル、ハイエンドモデル別のおすすめのスマホをご紹介していきたいと思います。

エントリーモデル(4万円以内)

1.OPPO A5 18,017円

大容量バッテリー&4眼カメラで高画質な写真を実現
「遊び尽くせるスマホ」と話題になるほどの大容量バッテリーで、エントリーモデルとは思えないほどのスペックを搭載してるスマホです。圧倒的な安さなので、ネットサーフィンや連絡しか使わないなど普段使いならまず買って後悔しません。

2.moto g50 5G 27,192円

2万円台にも関わらず5Gに対応しており、大容量バッテリーを搭載しているのが大きな特徴です。オールマイティーな3眼カメラは誰でも満足のいく写真を撮影することができます。「シンプルで低価格」が売りであるため、使い勝手の良いスマホとして定評があります。

ミドルレンジモデル(4〜8万円)

1.OPPO Reno5 A 39,600円

ミドルレンジモデルスマホといえば、「Reno5A」というほど有名なスマホです。
5G対応や防水防塵使用、おサイフケータイを搭載しています。
約6,400万画素センサーを備えた4眼カメラは超広角レンズで遠くの風景も美しく撮影でき、思いのままの写真や動画を撮影することができます。また、この価格帯では考えられないほどのスペックを搭載しているので、ストレスなくサクサク操作をすることができます。

2.ASUS Zenfone Max Pro M2

3万円強でSnapdragon660を搭載した隠れた名機です。5000mAhもの電池容量で、1日中バッテリーの心配は入りません。TwitterやインスタなどのSNSや軽いゲームにもってこいのスマホです。

ハイエンドモデル(8万円以上)

1.ASUS ZenFone7 (87,912円)

完全ノッチレスを実現するためにフリップカメラを搭載しています。インカメラ、アウトカメラを共通化するフリップカメラを搭載してるので、インカメラでも美しい写真を撮る事ができます。ハイエンドモデルを購入したい人ならぜひ候補に入れて欲しいスマホです。

2.iPhone 12 mini 64GB(77,880円)

iPhone 13シリーズが出て以降、iPhone 12シリーズが非常にお買い得になっています。
本体サイズが小さいにも関わらず、圧倒的な性能を誇るA14チップを搭載しているので、誰でも満足のいく操作感を味わえます。

スマホをお得に買う方法

スマホを少しでも安く買いたい人に今おすすめのキャンペーンがあります。
それがマイネオの顛末価格割引キャンペーンです。
mineoでは、2月1日から端末価格が最大80%offになる「端末割引キャンペーン」を開催しています!
※お申し込み期間:2022年から3月31日

端末価格割引キャンペーンの適用条件

新規契約の方

他社からのMNPによる乗り換えかつデュアルタイプに申込の場合

すでにmineoと契約済みの方

・デュアルタイプに契約中かつ対象端末を一括購入
・シングルタイプからデュアルタイプへの契約変更かつ対象端末を一括購入

今なら、iPhone12miniが64,790円で購入できます。
また、iPhoneSEなどが通常価格より最大で23%OFFになります。
Androidでは、XperiaのシリーズやOPPOシリーズなどの人気Android機種が最大で80%OFFと大幅に値下げとなっています。
AppleよりもAndroidの方が割引率が高くなっており、先ほど紹介した以外にもAQUOSsenseシリーズなども値下げ対象になっているので、買うなら今がベストです。
端末の在庫がなくなり次第終了するので、人気機種は売り切れてしまう可能性が高いです。
端末購入も検討されている方は、お早めに申し込みください。
エントリーモデルからハイエンドモデルまで様々な機種がお買い得になるキャンペーンは3月31日までです。

他のキャンペーンと併用OK!

端末価格割引キャンペーンの他にもマイネオでは様々なキャンペーンを展開中です。
同時に適用されるものも多いのでぜひこの機会に格安スマホへ乗り換えましょう。

・月額料金割引キャンペーン 最大3カ月1,188円/月の割引
・パケット放題 Plu s最大2カ月無料キャンペーン
・当サイト独自事務手数料3,300円割引キャンペーン

タイトルとURLをコピーしました