mineoでLaLa Callがお得に利用できる!

マイネオ mineo でLaLa Call マイネオ(mineo)

LaLa Call(ララコール)というものをご存じでしょうか?

LaLa Callはスマートフォンで利用できるIP電話アプリのサービスです。
月額料金は110円(税込)にて、050からはじまるIP電話番号が付与されます。
利点はIP電話同士の無料通話が可能(無料提携に限る)な他、固定電話や携帯電話とも格安通話が可能となり、通話料を節約できる事。
しかもmineoを利用していると、110円(税込)分の無料通話が毎月ついてくるので、毎月少しだけ使うというスタイルなら実質無料に近い感覚で運用できるかもしれません。
詳細を記事内にて解説していきます。

LaLa Callは固定電話への発信が極めてお得

結論からいうとLaLa Callの最大の強みとは「固定電話への発信が3分8.8円のIP電話」という部分に他なりません。
具体的には、スマートフォンからLaLa Callアプリを使って固定電話へ発信すると、3分間8.8円で通話ができるというもの。
また、無料提携ではないIP電話へ(050から始まる番号)へかけた場合は、さらにお安く3分間8.14円となっています。

携帯電話へもそれなりにお得

携帯電話への発信は30秒8.8円(3分に換算すれば52.8円)であり、この料金は普通に電話をするのに比べると、おおよそ6分の1ほどといったところです。
固定電話へ対する発信に比べるとお得度は見劣りしてしまいますが、LaLa Callをはじめとした無料で通話可能なIP電話を使っていない相手にかける時は便利です。

LaLa Call同士および一部IP電話への発信が無料

同じLaLa Call同士は通話が無料ですが、その他にも050ではじまる一部の他社IP電話番号へ無料でかけられます。

LaLa Callではこれを「050IP電話(無料提携)」として取り扱っており、以下に記載するものがそれに該当するのでご参照ください。

・オプテージ系
 eo光電話

・KDDI系

 KDDI-IP電話
 KDDI-IPフォン
 KDDI-IPフォン セントレックス
 ひかりone電話サービス
 BIGLOBEフォン(KD)
 @niftyフォン-Kなど

・アイテック阪急阪神系

・QTnet系
 BBIQ光電話050など

・中部テレコミュニケーション系
 コミュファはなしてフォンなど

・東北インテリジェント通信系
 トークIPフォンなど

・エネルギア・コミュニケーションズ系
 MEGAEGG光電話など

・STNet系
 フォーユーコールなど

・楽天モバイル系
 IP電話サービス
 FUSION IP-Phone
 DTIフォン-FC
 POINT Phone select
 BIGLOBEフォン(FC)
 MEGAEGG IPフォン
 エネルギア・IPフォン
 HTNet-IPフォンなど

mineoならLaLa Call利用分のパケット消費無し

通常、LaLa Callを使用すると1分あたり約277KBのパケット(ギガ)を消費します。
しかしmineoでLaLa Callを利用する場合には、この消費がなくなって非常にお得。
また、通話機能だけではなく、「トーク」と呼ばれるメッセージ機能で文字や写真、スタンプでのメッセージのやりとりも無料で使えます。

LaLa Callのメリット

・安さ

なによりもまず通話料の安さが武器です。
かける相手がIP電話であれば「050IP電話(無料提携)」として無料で通信できる機会も多く、そうでない場合も格安であり、特に固定電話へ対しては破格の料金です。

このため、固定電話はもういらないけれど携帯電話の番号だけだと困る事がある、といった方にまずおすすめできるといえるでしょう。

・信頼性

IP電話はネット回線を利用するために、その回線を提供してくれる業者の信頼性も重要になりますが、LaLa Callはマイネオを運営するオプテージ社が提供しているので大変安心です。

・固定電話代わりにもなる

LaLa CallをはじめとしてIP電話を申し込むと050から始まる電話番号が付与されます。
このためLaLa Callから発信すると、相手側にもその番号が表示されます(固定電話の場合は相手がナンバーディスプレイを契約している場合に限ります)。
この特徴を利用して、携帯番号から発信したくない時などに固定電話の代わりとして使う事も可能です。

また、実際の運用上は固定電話的な番号として扱われる事があります。
というのも、本来050からはじまる電話番号は「IP電話」という区分けであり、携帯とも固定とも異なるのですが、例えばクレジットカードの申し込み時、IP電話番号は固定電話の入力欄へ記載する、という扱いになっている場合があります。

LaLa Callのデメリット

まず、基本料金はわずか110円ではありますが、それでも有料だという部分でしょうか(IP電話サービスには基本料金が無料のものも存在しています)。
他には、050から始まる電話番号ですと基本的に110番や119番などの、緊急通報が利用できないという事です。
緊急通報は通常の電話番号から発信しましょう。

音質の問題

LINEなどのメッセージアプリで通話をしたことがあると分かりやすいですが、IP電話はLINE通話等と同様の仕組みで通話をします。
LaLa Callに限らずIP電話の場合は通常の電話回線での通話と比較すると音質がイマイチな場合があります。

個人のスマホをビジネスに使う方にも向く

LaLa Callは固定電話への発信が非常にお得なIP電話サービスですが、逆にいうと固定電話への発信がまったく、あるいはほとんどないという場合、魅力にやや乏しくなってしまいます。
そこで注目されるのがビジネス用途です。
ビジネス用途なら、まだまだ固定電話へ連絡をかける事は少なくないため、個人のスマホをビジネス用途にも使用する方へは強くおすすめできる、といえるかもしれません。

mineoユーザーはLaLa Callも使ってみよう

mineoならLaLa Callの利用にパケット消費がない上、毎月110円分を無料で使えるため、ただでさえ優秀なLaLa Callがさらに使いやすくなります。
電話代(特に固定電話への発信)で悩んでおられる方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
そして、もしLaLa Callに惹かれてmineoそのものの契約もお考えなら、当サイトで発行しているエントリーコードをご利用ください。

エントリーコードを入手してお得に使おう

当サイトではマイネオの契約事務手数料3,300円が無料となるエントリーコードを配布しています。
お得にマイネオを始められるのでぜひ使ってみて下さい。

事務手数料無料になるエントリーコードはこちら。
タイトルとURLをコピーしました