マイそくプレミアムプランは、最安値の常時接続Wi-Fiとして使える!?

マイそく始まりました。 マイそくプレミアムは月額2,200円 3Mbpsで使い放題 3Mbpsでどれだけ使える試してみました。 マイネオ mineo 代理店 トラストマイネオ(mineo)

2021年3月よりスタートしている、マイそく。
平日12時~13時の通信を極低速に制限する代わりに、1.5Mbpsもしくは3Mbpsという実用速度にてギガ(パケット)無制限の通信を提供するサービスです。
今回の記事で紹介するのは、この内3Mbpsを提供するマイそくプレミアムプラン
月額料金は2,200円(税込)です。
1.5Mbpsは一昔前のADSLと同等の速度なので、おおよそどんな事ができるのか多くの実証が行われていて使用感覚も予測しやすいです。
しかし、3Mbpsの接続サービスだと過去にもほとんど例がなく、どういう世界なのか想像しにくいですよね。
そこで、プレミアムプランを実際に使用した上で「使い心地はどうなの?」という疑問にお答えしていきます。

大半のネットサービスは3Mbpsでかなり快適

↑実測値。3Mbpsといいつつ、3.5Mbps近く出ています。

まずはじめに結論を述べると、マイそくプレミアムプランで接続するインターネット環境は、かなり快適な世界です。
30Mbps以上出ている通常回線と比べても「3Mbpsだと、最初の画面が表示されるまで、ワンタイミング待つかな?」といった程度の差しか感じられません。
最近のネット通信速度は、遅い場合でも10Mbps程度は確保されており、高速と謳われた場合には100Mbps以上を実現している事がほとんどです。
例えばマイネオでも、通常のマイピタプランの速度を日本全国平均値で出すと、おおよそ30Mbpsです。
3Mbpsという速度は、これの十分の一という速度ですから、数字だけ見ると頼りなく「月額2,200円も払う価値はないのでは…」という印象も受けますが、そんな事はなく、実用レベルにある常時接続可能として非常に優秀なコスパだといえます。

各オンラインアプリ使用感の総評

Youtubeライブも問題なく見られます。.720p程度が快適で、1080pも視聴可

ジャンル別にアプリの使用感をまとめました。
契約の検討などに参考いただけます。

検索・サイト閲覧・Googleスプレッドシート等

これらは1.5Mbpsのスタンダードプランであっても快適に利用できるものです。
当然、3Mbpsもあれば体感的には30Mbps以上の通常回線と同等のサクサク感を得られる、ストレスフリーの世界です。

動画

Youtubeなら高画質(フルHD)まで画質を上げても、止まってしまう事なく楽しむ事ができました(ただし、高画質の場合は動画が始まるまでと、シーク時に少々待たされます)。
Youtubeよりも重いAmazon Prime Videoでも、動画が始まるまではやや待つものの、始まってしまえばストレスなく視聴する事が可能でした。最高画質だと時々読み込み待ちが入ってしまう事はありますが、おおむねスムーズに視聴可能です。
いずれの動画でも、少し解像度に下げればサクサク感はより向上します。

SNS・地図アプリ

すべて普通に使えます。
LINEやTwitterをはじめとしたSNSはサクサク使えます。またLINE電話やビデオ通話に関しましても、遅延を感じる状況はほとんどありません。
Googleマップの利用も、徒歩・カーナビのいずれにおいて問題なく使用可能です。

オンラインゲーム

FPS・格闘(APEXやスマブラ等)は、接続・プレイまでは違和感なく実行可能です。
ただし同期速度が遅いために若干ラグが見られ、上級プレイヤーを相手に勝利する事は困難です。
とはいえ、単純にゲームを楽しみたいだけの「エンジョイ勢」や、FPS・格闘であっても、対NPC戦が主となる場合においては、普通にプレイできる感覚です。
MMORPG(FF14等)は普通にプレイできます。
また、MMORPG以下の通信速度しか要求しないテーブルゲーム等は、高速回線と同じサクサク感で遊べます。
専門的な用語の補足になりますが、関東地域の場合Ping値はおおよそ30前後を示しています。
Ping値とは低ければ低いほど通信が高速である証明のようなもので、30という数値はFPS・格闘以外には推奨できる値とされる事が多いです。

ダウンロード

大半のアプリは軽くダウンロード可能です。
ただし唯一例外なのが、大作ゲームソフトのダウンロード。
大作ゲームとは、1本の容量が10GB以上にも及ぶようなゲームで、これらは高速回線を使わないとダウンロードに時間がかかります。
例えば『フォートナイト』だと2時間ぐらいかかってしまい、超大作の『GTA5』ともなれば、一昼夜以上かかる恐れもあります。
このため、ダウンロード購入をされている方は注意が必要です。

安いWi-Fi(モバイル & ホームルーター)として使える

家族で出かける際の車内Wi-Fiとしても優秀です。左側の機器がモバイルルータ

高速回線に比べれば快適度が劣るとはいえ3Mbpsあれば、おおよそは普通に使える事が解りました。
となると、思いつくのがWi-Fiの代わりとしての契約。
スマホのテザリングを最大限に活用できるようになりますが、さらに応用方法として挙げられるのは、モバイルルータとホームルータの併用です。
(ホームルータとは携帯できない代わりに電波強度を増したモバイルルータです。スマホと同じくSIMカードを挿して通信するもので、固定回線用のルータとは別物です)
まず、スマホにはマイピタの1ギガプランを契約しておきます。
そしてマイそくのSIMカードは、普段はホームルータに挿しておき、旅行や出張の際にモバイルルータに差し替えて、家でも外でもまったく同じネット環境を実現するという方法です。
家での使用までスマホのテザリングやモバイルルータに任せてしまうのも良いですが、ホームルータの方がアンテナ性能が高いため、複数機器を繋げたい時はこちらの方が安定します。
また、携帯機器の電池劣化を防げます。

まとめ

マイそくプレミアムプランは「月額2,200円で、通常回線に近い感覚で使える常時接続を構築できるプラン」です。
同時接続機器も、2~3台程度までなら耐えてくれます。

1.5Mbpsのスタンダードプランとの大きな違いは高画質動画と、FPS・格闘も含めたオンラインゲームにも対応できる点。
単身はもちろん、家族世帯でも使い方次第でかなりの威力を発揮します。
ただスマホが使い放題になるSIMカードとしてだけでなく、テザリング、もしくはモバイルルータでの使用が推奨できるプランといえます。

弱点として平日12時~13時にほとんど使用ができなくなります(電子メールぐらいは送れます)が、この点さえ問題としなければ、格安で快適なネット生活が送れる優秀なサービスです。
会社員やパート、学生等で平日の昼は確実に家にいないという場合にフィットします。

エントリーコードで事務手数料が無料に!

マイそくプレミアムプランは想像以上に優秀でした
すぐに契約したくなる方もいらっしゃると思いますが、通常3,300円の契約事務手数料がかかるのが難点ですよね。
しかしご安心ください、当サイトでは手数料を無料にできるエントリーコードを無償配布中です。
右サイドバー(スマホ画面では画面下にあるサイドバーのアイコンをタップ)などにある「エントリーコードはこちら」から入手できます。
ぜひお得にご利用頂ければと思います。

タイトルとURLをコピーしました