シングルタイプってなに?選ぶ際の注意点

mieno マイネオ シングルプランとは電話番号がないので注意マイネオ(mineo)

マイネオを契約するとき、まず具体的な容量やオプションの前にシングルタイプかデュアルタイプかを選ぶことになります。
同じ容量なのにシングルタイプのほうが安いですし、違いは電話番号付きかそうでないかと書かれていますし、どうせ今どき電話なんかしないしシングルタイプでいいんじゃない?と考える人も多いかもしれません。
確かに最近では通話の使用頻度がゼロに近いという人も結構いると思いますが、仮に通話を使わなくてもシングルタイプで契約すると不都合が生じる場合があります。
シングルタイプは何ができて何ができないのかを理解した上で選択するようにしましょう。

シングルタイプは電話番号が付与されない

シングルタイプは電話ができないというより、電話番号が付与されていないSIMカードの契約になります。
待ち受ける電話番号がないので、電話番号を介したサービスが全て受けられません。
これは例え一切電話をしない人にとってもサービスの制限が生じる可能性があります。
例えば最近のSNS等の大手ネットサービスでは複数アカウントや悪意のある匿名アカウント問題への対策のために、アカウント登録時にSMSでメッセージに使い捨てのパスワードが届き、それを入力することで登録完了となることがよくあります。
もちろんSMSの受信には電話番号が必要なので、結果的にアカウントの登録を完了することができません。
SMSはIP電話等の代替サービスで受信することはできませんので、SMS認証にはSIMカードに付与された電話番号が必要です。

音声通話自体は様々な代替手段があり

逆に、いわゆる電話っぽい音声通話サービスがしたいだけならば、本当の電話番号がなくても今は様々な代替手段を用いて音声通話が行えます。
例えば月額数百円程度のIP電話サービスに登録すると先頭が050の電話番号が付与され、他の携帯電話や固定電話などへの発着信が行なえます。
IP電話は音声データをモバイル回線のデータ通信としてやり取りするため、電話回線を使う代わりにモバイル回線のデータ容量を消費して通話を行います。
もちろんシングルタイプでも利用可能です。
さらに、同じコミュニティサービスを使っている仲間同士なら、データ消費のみで通話料無料の音声通話サービスがたくさん存在します。
例えばLINEでは友だちとメッセージ交換だけでなく音声通話もできますよね。この通話はデータ量を消費するものの、もちろんお金はかかりません。

シングルタイプは本人確認書類の提出が不要

日本では法律によって、電話番号を付与されたSIMカードは公的証明書の原本に記載された住所にしか送ってはならないと定められています。
よってマイネオのデュアルタイプに限りませんが、電話番号付きのSIMの契約では必ず本人確認書類の提出が求められます。
それ自体は一般の方ならば何も困ることはないでしょうが、問題は本人確認書類の提出や審査がやや面倒で時間もかかるということです。
格安SIMの契約時でよくあるやり方が、本人確認書類をスマホのカメラで撮影し画像データをアップロードするというものですが、初めてのスマホをSIMと端末セットで契約するという場合には困ってしまいますよね。
また撮影した画像データをアップロードするという作業も、初心者には若干ハードルが高いかもしれません。
シングルタイプではこれらの面倒や審査の待ち時間を飛ばしてSIM発行が進められるというのはメリットではあります。
ただし逆に、デュアルタイプの契約者は本人確認が完了していることが保証されていますので、デュアルタイプのみに提供される機能もあります。
例えばマイネオのキャリア決済オプションは後払いの決済手段であり、通信料金の請求までキャリア決済分の支払いを一旦マイネオが肩代わりするという形になります。
当然、本人確認ができていないユーザーにも無制限に開放するわけにはいかないため、デュアルタイプ専用のオプションとなっています。

よくわからないならまずはデュアルタイプを推奨

シングルタイプは割安なので、電話使わないしまずはシングルタイプから始めてみようなどと考えがちです。
しかしどちらかというと、シングルタイプは格安SIMについてよく知っていて運用法が定まっている人向けのサービスという側面があります。
例えば、他社で電話番号付きのSIMを契約していて、データ通信用SIMとしてコスパに優れるマイネオの大容量プランをシングルタイプで契約する、などです。
格安SIMやモバイル回線全般についてあまり詳しくないと、意外なところで制限が発生して困るということになりがちですし、そうなってからデュアルタイプに変更するとしても本人確認から始めなければならず二度手間です。
「電話」はしなくても、「電話番号」は意外とまだ使う世の中ですので、月数百円の差ならばデュアルタイプを選んだほうが安心です。
またマイネオの料金設定では、1GBプランのみシングルタイプとデュアルタイプで月418円の差がありますが、5GB以上のプランでは一律253円差と差が縮まります。その辺りも考慮の上で決めるといいでしょう。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました