低速回線でも意外と快適!マイネオのバースト転送機能

mineo マイネオ 低速通信でも初めは高速通信でダウンロードできます。マイネオ(mineo)

格安SIMはその名の通り月額料金が大手キャリアよりもとても安いですから、やはり月額料金を最小化する運用が醍醐味です。
しかし実際に最安料金で運用しようとすると、自ずと高速データ通信量が最小のプランでやりくりすることになりますので、データ容量を使い切れば低速での通信を余儀なくされます。
でも低速回線と一言にいっても快適さには格安SIMごとに大きな差があることをご存知ですか?
マイネオは低速回線でもライトな使い方なら快適にネットを楽しめるような回線品質と工夫がなされているのです。

マイネオのバースト転送機能が快適さの鍵

マイネオが低速回線でも快適な理由はいくつかありますが、その中核を占めるのはバースト転送機能です。バースト転送機能とは、マイネオ回線での通信が発生するたびに、通信し始めの最初の75KB分のみを高速回線でダウンロードするという機能です。
この分の転送量は高速通信用のデータ容量を消費しません。
今のページを開き終わるなどデータの転送が終わって、ページ遷移などで改めて通信が始まったら、またその通信に対してバースト転送機能が働きます。発動の回数に制限などはありません。
ところで、この75KBとは現代のデータ通信量から見ればごくわずかな量であり、大抵の圧縮画像1枚分にも満たない容量ですが、テキストデータで言えば半角文字列15万文字ほどにも相当します。
このバースト転送機能がどのように役に立つのでしょうか?
ブラウザアプリでホームページを見るにせよSNSをやるにせよ、内容を知るために最低限必要なデータはテキストです。
もちろん画像データや場合によっては動画や音声データもあるでしょうが、ホームページやSNSに書かれているメッセージなどのテキストが読めないと内容を理解できないでしょう。
逆に、画像や音声などのダウンロードが遅れても、先んじてテキストだけ表示されていればとりあえず内容を読み取ることができるのではないでしょうか。
バースト転送機能の快適さの理由はそこにあり、マイネオの低速回線は例え速度自体は遅くても、バースト転送機能によってコンテンツのテキストだけはさっと表示が終わるのであまり待たされる感覚がありません。
SNSではフォロワーのメッセージ等がさっと表示されるので、埋め込まれている動画などが中々再生されなかったりするのは仕方ないにせよ、大まかに内容を把握するのにあまり支障が無いのです。
もちろん、軽量なコンテンツであればバースト転送機能中に大部分のデータを読み終わることができ、ページ遷移のたびにバースト転送機能がかかるため、テキスト中心のコンテンツをメインに楽しんでいるユーザーは低速回線のみでもほとんど困らないといっても過言ではありません。

速度自体もそこそこ、追加制限もなし

また、マイネオの低速回線はバースト発動後は200kbpsです。
これは確かに結構遅い速度ですが、テキストメインなどの軽いコンテンツならばまあまあ実用に堪えうるような絶妙なラインの速度です。
確かに音楽や動画などのリッチコンテンツは品質を下げてもかなり厳しいですが、意外と使い方によっては実用になる速度だったりします。
同じ低速回線でも格安SIMによっては100kbpsだったり75kbpsだったりして、そのレベルになると流石にどんな用途であっても実用にならないので、マイネオは良心的な速度にとどめていると言えます。
さらに、低速回線で一定容量を使うとさらに速度が下がるという、いわゆる「二段階規制」を行う格安SIMも少なくありません。
これは一部のユーザーが延々と回線網を占領するのを防ぐ目的があるのですが、小容量プランだと規制に入るまでの容量が厳しかったりと最安運用とかなり相性が悪いです。
しかしマイネオではそのような追加の制限もなく、低速回線は一律200kbpsが保証されているので安心して使うことができます。
200Kbpsの速度でも例えばカーナビアプリを使うこともできます。カーナビアプリは立ち上げ時に地図データを読み込むので200Kbpsではアプリの立ち上がりは遅いです。(地図データだけWi-Fiや高速通信で読み込むのもありです)
しかし、一度カーナビアプリが立ち上がれば走行に伴って読み込む地図データは多くないので200Kbpsの速度でも運用ができてしまいます。

小容量プランでも安心して使えるマイネオ

実際のところ、最安プラン同士の比較だとマイネオよりも安い格安SIMは複数あります。
しかしそれらが本当に実用に堪えるのかどうかは微妙なのです。
低速回線が遅かったり二段階規制が厳しい格安SIMは、基本的に高速通信用のデータ容量を使い切ったらあとはスマホを待ち受けくらいにしか使えないくらいに思ったほうがいいでしょう。
そうすると、データ容量が極めて少ないプランは実用的ではありません。
一方でマイネオでは200kbpsという最低限の速度と追加の規制がないという、言わば「最低限の品質保証」があり、その上でバースト転送機能によって快適さの底上げがなされているため、低速回線でも十分に運用が可能です。
さらには、マイネオには特有のコミュニティがあり、コミュニティに参加することで高速通信用のデータ容量をチップの形で受け取ったりフリータンクからもらったりして、どうしても必要なときにある程度工面することもできます。
格安SIMを本当に格安で運用したいなら、後悔しない選択肢としてマイネオを第一におすすめします。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました