マイネオでホームルーターを使おう

mineo マイネオでホームルーターを使おう 月額1925円 低速通信は無制限マイネオ(mineo)

引っ越しが多い方に心強い味方のホームルーター。
使うにはSIMが必要になりますので、通信料金を考えると格安SIM、それも評判の高いマイネオがまず候補に挙がります。
ただ、残念な事にマイネオ自体はホームルーターを販売・レンタルしていません(モバイルルーターはしています)。相性は抜群なので非常にもったいない話です。
そこでこの記事では、マイネオでホームルーターを使用する際のポイントを解説したいと思います。

マイネオはホームルーターと相性良し

格安SIMの中でも安定度の高いマイネオはSIM通信をするホームルーターとの相性も抜群です。
「モバイルルーター(ポケットWi-Fi)だって自宅で使えるんだし、ホームルーターを使う意味ってあるの?」という声もあるかと思いますが、ホームルーターは”基本的に屋内で固定して使う物”だという事を把握しますと、その利点が見えてきます。

ホームルーターの利点

ホームルーターとはモバイルルーター(ポケットWi-Fi)と、光回線等の有線LANとの中間に位置する物です。
具体的には”携帯不可能だが、高性能なSIM通信ルーター“です。
バッテリーを内蔵せず電源から直接給電される形態のため、自身の発熱によって機能制限が起こってしまう事もありません。
また、モバイルルーターと比べて通信範囲が広く、部屋を離れると通信速度が一気に悪化する様な事も起こりにくくなっています。
それでいてSIMカードを挿して利用する物なので、有線LANの様な時間もお金もかかる工事が不要というメリットがあります。
この通り、決して中途半端な物ではなくモバイルと有線LANの欠点を埋めており、特に引っ越しの多い方に向いているといえます。

欠点はパケット量(ギガ)だがマイネオなら解決

ホームルーターはSIMによるデータ通信を行う以上、普通のスマホやモバイルルーターと同じくパケット(ギガ)の残量を把握する必要があります。大容量パケットを契約すれば料金に響くのも同じです。
ですが、裏を返せばスマホと同じ節約術が通用するという事でもあります。つまりマイネオの様な格安SIMの利用です。
特筆すべきは、マイネオには月額385円で1.5Mbpsの通信を使い放題にできる『パケット放題 Plus』というサービスが存在するという事。
この1.5Mbpsという速度はWebページ閲覧は何ら問題なく、さらに『YouTube』や『Netflix』をはじめとした動画に、オンラインゲーム等も最高画質でなければ普通に利用できます。
この様に、マイネオは他の格安SIMより圧倒的にホームルーター利用に適している訳です。

ホームルーターのおすすめは?

マイネオがホームルーターを取り扱っていないので、どの商品を買えばいいのか迷っていらっしゃる方もおられると思います。
そこで結論からいうと”SIMフリーのホームルーターを買いましょう”となります。
マイネオはdocomo・au・SoftBank、3社の回線から選んで使えますので、SIMフリーである必要性はないのですが、自由度を存分に発揮するためにはSIMフリーであった方が良い、というのがおすすめする理由です。
(例えばdocomo回線が不調だからau回線に乗り換える、という芸当が可能です)

NEC Aterm PA-HT100LN

2.4GHzと5GHz両方の周波数に対応しており、最大150Mbpsの受信速度を持ちます。
電波の強弱を本体ランプの色で教えてくれるのが特徴で、さらにAterm独自の「Atermらくらく設定アシスト」でスマホと連携して設定を簡単に行えます。
有線LANポートも1基搭載しています。
シンプルで解りやすいのが最大の強みなので「面倒なのはムリ!」という方におすすめできる1台です。

富士ソフト FS030W

2.4GHzと5GHz両対応、最大150Mbpsの受信速度です。
厳密にはモバイルルーターの一種なのですが、任天堂『Switch』の様にクレードルを使った据え置きモードと、持ち出しに対応する携帯モードと使い分ける事ができる商品です。
特筆すべきは、バッテリーパック方式のため”電池を取り外した状態で電源に接続可能”という事。
このため、モバイルルーターでありがちな電源ケーブルを付けっぱなしで使ったために発熱で電池が劣化してしまう、という事態を避けられます。
クレードルを使用すれば有線LAN接続も可能ですので、自宅利用が多いものの外にも持って行きたい、という需要に応える1台です。
なお後継機の『FS040W』が登場しており、そちらはより性能が強化された物となっていますが、並行してこちらが安価になっておりますのでお買い得です。

月額1,265円で常時接続回線が実現

マイネオの基本契約は最低で1GB/月額880円ですが、1.5Mbps通信が利用し放題になる『パケット放題 Plus』/月額385円と合わせて月額1,265円で低速ながら常時接続回線が実現できます。
この価格は、NTTフレッツ・ADSLの1.5Mタイプにかかる月額(2,860円)の半額以下という計算になります。
もしまだADSLを1.5Mタイプで利用している方は、今すぐ乗り換えましょう。
※『パケット放題 Plus』だけを契約する事はできません。マイネオ利用には基本契約が必要になります。

ホームルーター利用には”シングルタイプ”を契約しよう

マイネオではデータ通信専用の基本契約プランを『シングルタイプ』音声通話+データ通信のプランを『デュアルタイプ』と呼称します。
ホームルーターは音声通話ができませんので、間違えて『デュアルタイプ』を契約してしまわない様にご注意ください。
なお『シングルタイプ』では1GB/月額880円~20GB/月額1,925円が用意されています。
『パケット放題 Plus』を中心的に運用する中で”どうしても1.5Mbps以上の高速通信が必要”な分の容量を選んで契約するのが良いでしょう。

マイネオ契約には事務手数料無料のエントリーコードをご利用ください

ホームルーター運用にも抜群の相性を誇るマイネオですが、契約事務手数が3,300円かかってしまいます。
ですが、当サイトでお配りしているエントリーコードをご利用いただければこれが無料になります!
しかも当サイトでは個人情報を入力したり、お友達を紹介したりする等の面倒な条件は一切なし!
軽いアンケートにお答えくださるだけでOKなので、ぜひこの機会をお見逃し無くどうぞ。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました