国産ミドルレンジの本命現る!AQUOS sense6

SIMフリースマホの売れ筋は高コスパのミドルレンジですが、最近は新進気鋭の中国勢が高コスパで価格破壊の端末を連発しており、国内の老舗ブランドのファンは歯痒い思いをしているかもしれません。
しかしSHARPのAQUOSシリーズから、大当たりの予感がするミドルレンジど真ん中の万能・高コスパスマホが発売されました。
2021年の遅れてきた大本命・AQUOS sense6です。

人気のAQUOS senseシリーズの正統進化版!

SHARPのAQUOSブランドは、SHARPが家電事業で培った液晶・LEDパネルのノウハウを注ぎ込んだマルチメディアスマホであり、誰にでも使いやすく親しみやすいスマホブランドとして位置づけられています。
そしてAQUOSスマホの中にも色々なラインがあり、AQUOS senseシリーズは廉価ながら必要十分な性能と堅実な作りで高コスパな、一番人気のラインとなっています。
AQUOS senseシリーズでは2世代前のsense 4がスマッシュヒットを記録し、存在感をアピールしました。
しかしその次のsense 5Gでは、さらなる筐体の縮小と5G対応という2つの革新を同時に行った結果、発熱問題やバッテリー問題が露見し賛否ある出来となりました。
sense 6では見た目が大きく変わったsense 5Gの筐体からsense 4ベースに戻し、全体的なブラッシュアップを行ったことで完成度が向上し、sense 4以上の大当たり機種となりそうな出来に仕上がっています。

お手頃なのに5G対応!性能も上々、カメラも改善

AQUOS senseシリーズは代々ミドルレンジ程度の性能を持っていますが、sense 6の頭脳部にはややハイエンドに寄せた、sense 5Gと同じく5G対応の「Snapdragon 690 5G」を搭載しています。
つまりお手頃価格ながら5G対応+ミドルハイの十分な性能を有していることがわかります。
このため、普段遣いに快適なだけでなくゲームもそれなりに楽しめ、重めのコンテンツも難なくこなす能力があります。スマホはそんなに頻繁に買い換えないという人でも、2~3年は安心して使い続けられるでしょう。
また、過去のsenseシリーズはカメラのチューニングがいまいちという点がたびたび指摘されており、同価格帯のミドルスマホに画質の面で後塵を拝することが多くありました。
しかしSHARPはライカカメラ搭載のハイエンドスマホ・AQUOS R6の開発などのノウハウを元に、sense 6ではカメラを1から再構築。その結果、他のスマホと十分に戦えるレベルのカメラ性能を実現しました。

防水・防塵・MILスペック準拠でラフに使える

スマホのトラブルでありがちなのが落とした際の画面割れや浸水による故障などです。そのため高価なハイスペックスマホだとケースの使用が半ば必須のような扱いになっており、ただでさえ大型化しているスマホが余計に重く持ちにくくなったりしています。
しかしAQUOS senseシリーズは以前からタフな筐体を備えてラフに使い倒せる点が好評を博しており、sense 6も防水規格がIPX5/IPX8、防塵がIP6Xとなっており、水中に落としても浸水しない安心設計となっています。
また、sense 6は華奢な筐体からは想像できないほど頑丈で、米軍調達基準であるMIL-STD-810H基準の中で、耐衝撃(落下)などの17項目に準拠しています。
分厚くいかにもミリタリー色が強いタフスマホと同等の頑丈さを持っていると思うと、裸で安心して使えるのではないでしょうか。

大容量バッテリーや使いやすい機能で、日常使いが快適

そして代々senseシリーズの売りである大容量バッテリーと気の利く便利機能は、sense 6にも受け継がれています。
省電力性に優れるミドルクラスのチップを搭載しながらハイエンド級の4,570mAhの特大バッテリーを搭載しており、公式には1週間の電池持ちを謳っています。実使用でも2~3日は余裕を持って使えると考えられ、夜に充電を忘れても慌てる必要はありません。
指紋センサーを長押しすると登録済みの電子マネー支払い画面を表示できる「Payトリガー」や、画面の上からスワイプするとスマート家電を操作できる「Smart home HUB」など最新の便利機能も備え、とにかく日常使いが快適なスマホに仕上がっています。

誰にでもおすすめできる1台!マイネオのキャンペーンに期待

このように、ライトユーザーには使いやすさ・ユーザビリティで、ヘビーユーザーにはバッテリー持ちやコスパの高さで、強い訴求力を持つ誰にでもおすすめな1台です。
マイネオではsense 6の4GB/64GBモデルが11月26日に販売開始、標準価格は42,240円となっています。
これでも十分にお得な価格ですが、マイネオは頻繁にキャンペーンを行っていますので、キャンペーンによるキャッシュバック等にも期待しましょう。
また6GB/128GBモデルは12月以降に販売予定となっていますので、大容量メモリが必要な方は続報を待ちましょう。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました