新プラン・マイそくライト誕生!

新しい基本プラン「マイそく スタンダード/プレミアム」をスタートし2022年も存在感抜群のマイネオですが、さらにマイそくの最廉価プランとして「マイそく ライト」が2022年8月下旬に提供されることが発表されました!
マイそくスタンダードは制限がありながらもデータが使い放題で、その上マイネオのプランの中で最安の料金設定で注目を集めました。
そして今回のマイそくライトはさらに最安値を更新するプランとなります。
今夏に大注目間違い無しのマイそくライトについて、どんなプランなのか一足先にチェックしてみましょう。

新プラン・マイそくライトとは?

マイそくライトとは、前述の通りマイネオが新しく導入したマイそくシリーズに加わる最廉価プランです。
マイそくシリーズは、

・高速データ通信量の付与がなく、常に低速通信扱い
・低速通信の速度がマイピタと比べて高速(スタンダード1.5Mbps/プレミアム3Mbps)
・平日昼の12〜13時や速度制限時の通信速度が極端に遅い(最大32kbps)

といった特徴がある、非常に癖が強いプランとなっています。
しかし使い方さえ合致すれば、格安でパソコン用回線として使えたり動画を見放題だったりと、驚きのコスパを実現する大きな可能性を秘めたプランです。
そして、マイそくライトは、通信速度が最大300kbpsで料金が月額660円となる、文字通りライトユーザーがライトな使い方をするためのプランとなっています。

通信速度300kbpsってどうなの?

マイそくライトは料金が安い分だけさらに回線速度が絞られており、使い放題とはいえ300kbpsの制限が課されます。そこで当然ながら300kbpsって使い物になるの?という心配が生まれますよね。
マイピタ各プランの節約モードの速度が200kbpsなので、常にほぼ節約モード状態と考えると中々厳しいかもしれません。
そこで、300kbpsの回線状況を再現して簡単なテストを行ってみました。
結論から言うと、数字通りに遅いのは確かだけど使い方次第という感じです。
詳細は以下の記事をご覧ください。

300kbpsは単位を変えると37.5kB/秒であり、この速度で24時間ダウンロードし続けても約3.2GBしかダウンロードできません。
つまり速度的に3日で10GBもダウンロードできないので、3日10GB制限はマイそくライトでは気にする必要はありません。

他社格安プランとの比較

マイそくライトはマイネオのプランの中でダントツの最安プラン更新であり、他社格安SIMの最安プランとも渡り合える料金設定です。そこで、格安SIMの中でも代表的な格安プランと比較してみました。

プラン名月額料金高速データ通信量容量超過後の速度その他
マイネオ
マイそくライト
660円なし300kbps月〜金曜日の12時台は32kbps制限
日本通信
シンプル290
290円1GB通信不可(現在は暫定的に低速通信)
HISモバイル
自由自在290
通信量100MB未満の月は290円
それ以外は550円
1GB200kbps
OCN モバイル one
500MBコース
550円500MB200kbps無料通話10分/月
低速通信のデータ量が250MBを超えるとさらに低速に

格安料金は工夫に工夫を重ねて実現されていることがわかるような、どれも一癖も二癖もあるプランです。
この中ではマイそくライトが相対的に高いですが、平日昼が現実的に通信不能なことを除けば、データ通信量の管理が不要なこともあって扱いやすいのではないでしょうか。
速度が300kbpsで間に合うならば初心者向きともいえます。
日本通信のシンプル290は現在特別措置として1GB使用後も低速通信を許可していますが、基本的には低速通信不可という設定であり、そうなるとデータ通信量の管理が求められるでしょう。
HISモバイルはデータ通信量が100MB未満の月は自動的に月額料金が290円と安くなりますが、高速データ通信量を消費しないいわゆる節約モードがありません。
アプリの自動更新等でも100MBは簡単に使ってしまうため、月額290円をキープするには工夫が必要です。
OCN モバイル oneは少量ながら無料通話も付いて非常にバランスがいいですが、コースごとに設定された高速データ通信量の2分の1以上低速通信で使ってしまうと、低速通信の速度がさらに遅くなるという2段階規制が行われています。
実測60kbps程度の制限とのことで、事実上通信不可に近い状態になるため注意が必要です。

ホーダイホーダイ割も実施中!

マイそくライトの提供はしばらく先になりますが、それまでのお楽しみとしてホーダイホーダイ割が実施されています。
ホーダイホーダイ割とはデータ通信し放題のマイそくと通話し放題のかけ放題オプションがそれぞれ6ヶ月割引になるキャンペーンで、マイそくはスタンダードが990円から660円プレミアムが2,200円から1,870円に、10分かけ放題はなんと無料となります。
マイそくをまだ試したことがない方は、これを機にマイそくの使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。
コスパが高い代わりに癖の強いプランですが、使ってみると意外な利用法が見つかるかもしれませんよ。

マイそく申込前にエントリーコードを入手しよう

マイネオには契約事務手数料3,300円が無料になるエントリーコードというクーポンコードが存在しています。
事前にエントリーコードを入手できるとさらにお得になります。
そんなエントリーコードを当サイトで配布しておりますので、マイネオ申込前に是非取得してみて下さい。

エントリーコードフォーム 事務手数料が無料になるエントリーコード配布中
タイトルとURLをコピーしました