月々1500円未満で新品の端末と通信サービスが利用できるマイネオ

新品スマホを月額1500円で使うマイネオ(mineo)

マイネオでは10月現在端末値下げキャンペーンを行っています。

2021.10 現在の値下げ端末の特徴などの紹介
現在、元々お手頃価格だったローエンド~ミドルレンジの売れ筋スマホをさらに値下げ中。スタイリッシュなXperia 8 Lite、スペック番長のOPPO A73、最安のmoto e6s。エントリーコードを使うと割引端末でさらにお得

詳しくは上記をご覧頂くとして、キャンペーンの最安端末を24か月払で購入し、マイネオで運用するとタイトルにあるように月々1500円もかからずに運用する事が出来ます。

最安端末はモトローラ製 moto e6s

10月現在のマイネオの最安端末はモトローラ製のmoto e6sという端末になります。
まずはその価格を見てみましょう。

 一括払 13,992円
 24回払 月々583円

新品のスマートフォンを何かのオプション料金?と思うような金額で購入できるので非常に割安なのが分かります。

マイネオの最安プラン

マイネオの最安プランはシングル契約(データSIM)の1GBの契約となります。

 シングル1GB 月々880円

シングル契約は月額料金そのものにはキャリアによる差(Aプラン、Dプラン、Sプランの別)はありませんが、SMS機能を付けるか付けないかで料金が変わってきます。

 ・au回線 SMS利用料 無料
 ・docomo回線 SMS利用料 132円
 ・ソフトバンク回線 SMS利用料 198円

このようにSMS機能を付けるか付けないかで別料金がかかるかかからないかが変わってくるため、最安運用を考える場合はau回線(=Aプラン)一択となります。
SMS機能があるとLINEなどのSMS認証が使えますので何らかのサービスの利用がしやすくなるのでSMSはあったほうがいいでしょう。単純に電話番号でメッセージが送れるようになるのがSMSですから使い方によっては非常に便利です。

最安端末と最安プランを組み合わせる

10月現在の最安端末であるmoto e6sとマイネオの最安プラン(シングル1GB)を組み合わせると次のようになります。

 端末購入価格 583円
 シングル1GB 880円
ーーーーーーーーーーーー
 月々    1,463円

タイトルにあるように端末価格と通信料金を入れても月々1500円未満での運用が可能となります。
この価格で使えると色々と捗りそうな気がします。
筆者自身子供が塾に通うようになってキッズ携帯などを使ってきました。
当時使ったのはソフトバンクの端末で通話は3か所限定、専用HPで現在地が分かる(有料)というものでした。連絡用としては十分でした。
しかし子供が中学生になると色々と不十分な感じがしてiPhone5cの中古端末を持たせたのを思い出します。(下駄を履かせてヨドバシSIMを入れてみたと言うのは良い思い出です。)
余談が長くなりましたが、moto e6sはお子さんとの連絡用などに非常にうってつけではないかと思います。

最安端末を選ぶ理由

端末代込みで月々1500円をかけずにスマホを使うというのは色々と個別の理由が出てくると思います。

連絡用

・高校生未満のこどもとの連絡用
・年老いた両親に持たせる

 小学生や中学生のお子さんの連絡用にぴったりなのがこの1500円未満運用です。バリバリにゲームをやらせたい!というニーズより連絡用としてのニーズが高いのではないでしょうか。重くないアプリも普通に使えますし、塾の動画授業にも対応できます。連絡方法としてはLINE等のメッセージアプリで十分なためマイネオのシングル契約でやはり十分です。この用途では使い方に問題ないため安ければ安いほうがいいでしょう。(高校生になるともっと高いスペックを要求されるようになると思いますが。)
 年老いた両親への連絡用としても活躍できると思います。Androidにはらくらくホン風にするアプリなどもあり、電話しかできない、メールしかできないというお年寄りにも対応できます。
+100円の利用料になりますが、マイネオのオプションのLaLa Callを使うと050の電話番号を持つこともできます。

仕事用

最近はギグワーキングやマッチングアプリなどの普及でスマホが無いと仕事にならないという場面が増えてきました。
例えばフードデリバリーで躍進したウーバーイーツも実のところ中身はマッチングアプリで、店と配達員ー店と注文者を結ぶというアプリだったりします。このため配達員はスマホの携帯が必須となっています。
フードデリバリーでは出前館やwoltなど掛け持ちをする人もいましてアプリの切替で受注はできるのですが、2台持ちのほうがリアルタイムに発注状況を把握しやすいです。
安くスマホを2台、3台を運用したいという用途に非常にマッチすると思います。

その他

他にも最安端末と最安プランを選ぶ理由はあるかと思います。
例えば何らかのソーシャルゲームの援軍要員を自前で用意するために複数のスマホを使うとか、拠点間の連絡用に安ければ安いほどいいなど。
安いは正義!という側面もあるので用途によっては十分検討の勝ちがあろうかと思います。

最安運用のためにエントリーコードを入手

端末価格込みで月々1500円未満で使えます!という主旨の記事ではありますが、忘れがちなのは契約の時にかかる事務手数料ではないでしょうか。
当サイトの特長はマイネオの契約事務手数料が無料となるエントリーコードを配布していることにあります。
事務手数料の無料化は最安運用にとって非常に重要です。ぜひ入手してください。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ
タイトルとURLをコピーしました