中古iPhoneはコスパ最強?使い方と買う際の注意点を紹介!

iPhone8 中古 購入時の注意事項マイネオ(mineo)

日本で一番使われているスマホがiPhone。中には次のような思いの人もいるのではないでしょうか?

iPhoneなんて高くて買えないよ
どうにかしてiPhoneを安く買う方法ないのかな?

このように思っている人はぜひ今回の記事でiPhoneを安く購入できる中古iPhoneの使い方と注意点についてお話ししたいと思います。
結論から言いますと、用途や使い方によっては中古iPhoneの購入はお勧めできます。

中古iPhoneを買うメリット

中古iPhoneのメリットを簡単に説明すると以下のようになります。

  • iPhoneを安く購入できる
  • 販売終了モデルを購入することができる
  • 格安SIMとセットで使うことで月々の費用をかなり安く運用できる

当然のことでですが、中古のiPhoneは新品に比べて断然安く買うことができます。
もちろんモデルにもよりますが、中古相場によっては新品のiPhoneの値段の半額ほどで購入することができることもあります。
また、十分な性能を有している販売終了モデルを買うことができるのも大きなメリットではないでしょうか。
docomo、au、SoftBankなどの大手キャリアでは販売終了しているiPhone 7やiPhone 8などを中古で安く購入することができます。
後ほど詳しく紹介していきますが、格安SIMと中古iPhoneをセットで使うことで、月々の料金が驚くほど安くなります!

全然スマホ使ってないのに今月5000円超えてる
携帯代にこんなに高いお金出す必要あるのかな?

このように考えている人は、ぜひ格安SIMと中古iPhoneのセットを検討してみましょう。

格安SIMとセットで月額料金がお得に

もっと月額料金を減らしたい」という方に
中古iPhoneを使う上で非常におすすめの方法があります。
それは、格安SIMと中古iPhoneをセットで使うことです。
中古iPhoneを購入してしまえば月々の料金に端末代は含まれませんので、後は純粋に通信料を支払えばいいとなり、驚くほど安く利用できます。

コスパ最強iPhone×格安SIM

具体的にどのiPhoneを使うのがおすすめなのかお教えしたいと思います。

それはズバリ iPhone 8 です

状態の良い中古iPhone 8の中古価格相場が、だいたい2万円台ほどなので、そのiPhone 8を買ってしまえば、その後にかかる料金は格安SIMの月額料金を支払えばいいという事になります。
例えば、評判の良い格安SIM「マイネオ」で考えた場合、音声通話+データ通信の5ギガプランが1,518円なので、仮に2年使うと考えた場合iPhoneの本体代金を毎月で換算したら、約830円ほどで、それに通信料金をプラスして考えると毎月約2,300円でiPhoneを使うことができます。

まさに格安です 

格安SIMと中古iPhoneを使うことで少しでも携帯の月額料金を減らしたいという人に非常におすすめです。

中古iPhoneを買う際の注意点

中古iPhoneを購入するときには注意しておくべき点がいくつかあります。
特に注意しなければならない点を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

赤ロムには要注意

赤ロムとは、端末代金を未支払いのまま売りに出されたり、盗難品などでAppleから利用制限を掛けられたスマホのことで、通信や通話ができない端末のことです。
中古iPhoneの購入を考えている方で、フリマアプリでの販売品を検討する場合は注意しましょう。
赤ロムはネットワーク利用制限チェックで「×」表記となっていますので、

赤ロムの予防方法

フリマアプリで赤ロムiPhoneを買わない、赤ロム端末に引っかからないための方法は、識別番号であるiPhoneのIMEI番号を出品者に問い合わせましょう。( IMEI番号を教えてくれない出品者には要注意です )
この番号があれば、キャリアの公式サイトや ネットワーク利用制限チェック を使って赤ロムかどうか調べることができます。
赤ロムはネットワーク利用制限チェックで「×」表記となっていますので、いくら安く販売されていたとしても避けましょう。
赤ロムとまで言えませんがネットワーク利用制限チェックで「」表記のものは端末分割払いの為に残債が残っている状態になっています。 残債がきちんと支払われて完済すると「」表記に変わります。
きちんと支払われていけば問題ないのですが、支払が止まると「×」表記の赤ロムに変わる場合もあるので注意が必要な端末です。安全面を考えると「」表記の端末がお勧めです。

この辺りが分かりずらい、安心して中古品を購入したいという場合はフリマアプリより赤ロム保証が手厚い中古スマホショップでの購入がおすすめです。

アクティベーションロック(iPhoneを探す)

フリマアプリなどの個人間でiPhoneを購入する際には、「アクティベーションロック」がかかっていないか確認しましょう。
アクティベーションロックとは盗難対策のための仕組みなのですが、前の持ち主のApple IDで利用されている状態です。このロックが掛かっていると購入しても自分のiPhoneとして使う事が出来ません。
アクティベーションロックの解除には、前の所有者のApple IDとパスワードが必要になるので、Appleのカスタマーセンターに相談しても解決できないことが多いです。
「初期化済み」だけでなく「アクティベーションロック解除済み」と表記されているものを選ぶのが無難です。
海外のサイトなどでは先ほどの利用制限チェックのようにIMEIからアクティベーションロックの有無を調べられるところもあります。

水没している可能性がある

現在のiPhoneは防水性が高まってきているとは言え、水没して故障している場合もあります。
個人売買では、水没していることを隠して出品していることも多々あります。
水没していると、電源がつかなかったり、タッチがきかなかったりする危険性があり、水没している場合、SIMカード挿入口の内部や、充電ケーブルをさす場所が赤く変色します。
中古スマホを選ぶ際には、この部分がきちんと写真があるものを選びましょう。
その写真がないのであれば、問い合わせてみるのも良いでしょう。
iPhoneには水没シール(液体侵入インジケータ)が中に貼られて視認できるようになっていますので念のために購入後にチェックをお勧めします。

中古iPhone×格安SIMがコスパ最強!

中古iPhoneは高性能な上に、新品より断然安く購入できます。
「スマホ代を浮かせたい」「安いけどちゃんと使えるスマホがいい」
これらの条件を満たせているのは、現時点で中古iPhone×格安SIMだと思います。
皆さんも賢くスマホの月額料金安く済ませてみませんか?
当サイトではマイネオのエントリーコードを無料配布しており、このコードを使うと格安SIMを試しに使ってみたい方も余分な費用がかかりません。
格安SIMを考えてる方はマイネオを使ってみてはいかがでしょうか。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました