mineoメールはゆうちょ銀行でも使えます

マイネオ mineoメールのアドレスはゆうちょの登録に使えるマイネオ(mineo)

全国に郵便局があるためゆうちょ銀行を利用している人も多いのではないでしょうか。
今回はマイネオで付与されるmineoメールが、ゆうちょ銀行のネットバンキングサービスのゆうちょダイレクトでの登録に使えるという事とその詳細を解説したいと思います。

mineoメールはゆうちょダイレクトに推奨されている

初めに、簡単にゆうちょダイレクトのご説明をいたします。
ゆうちょダイレクトとは、ゆうちょ銀行の運営するネットバンクサービスの事で、ゆうちょ銀行同等のサービスをオンライン上で受ける事ができるため、その利用者は年々増えております。
利用にはユーザー登録が必要で、メールアドレスが必須です。
ただし、ここでフリーメール全盛の時代につまずく事がございます。
ゆうちょダイレクトはほとんどのフリーメールアドレスを非推奨としており、また、多くの格安SIMプロバイダで付与される物も同じ扱いなのです。
ゆうちょが推奨しているのは、docomo・au・SoftBank・Y!mobileのいずれかが発行するアドレスで、そこへ例外的に極少数の格安SIMプロバイダ発行アドレスが加わるという構図です。
そんな中でマイネオは見出しにあります通り、ゆうちょダイレクトに推奨されるメールアドレスを発行できる、希少な格安SIMプロバイダなのです。

推奨・非推奨のメールアドレスでは何が違うのか

勘違いしやすいのですが非推奨のメールアドレスでもゆうちょダイレクトの登録・利用自体は可能です。
ネット上には「フリーメールアドレスでは使えない」等と解説する記事もございますが、これは間違った情報なのでご注意ください。

推奨メースアドレスには機能制限がない

mineoメールを含めてゆうちょから推奨されているアドレスでは一切の機能制限がありません。
当たり前の様に聞こえるのですが、ゆうちょダイレクトを利用する上では重要な知識です。

非推奨メールアドレスでかかる機能制限

オンライン上でログインパスワードの再設定ができない

郵送書類での手続きに限定されます。手続きにかかる期間は1週間ほどと、ゆっくりなので、セキュリティ観点からは致命的といえます。

利用停止してログアウトの機能が使えない

利用停止してログアウトすると、次回ログイン時に2段階認証が必要になるため、通常ログアウトより強いセキュリティがかかる。メインバンクとして運用するなら必須の機能です。

お客様番号照会

お客様番号照会ができません。

以上ご覧の通り、重要な3つの機能に制限がかかってしまうのでゆうちょダイレクトは推奨メールアドレスを使用しなければ、事実上安全な運用ができないといえるでしょう。
そのため、マイネオは格安SIMを使って節約したいのに、ゆうちょダイレクトがネックになってキャリアから移動できない!という方にまさにうってつけの存在になっています。

マイネオ(推奨メールアドレス)を使っていても注意点あり

郵便貯金時代の行政機関的カタさがいまだに抜けない”きらい”がある、ゆうちょ銀行。
そのせいか、ゆうちょダイレクトでは例え推奨メールアドレスを使っていても、ちょっと他のネットバンクではあり得ないような事に注意しなくてはなりません。
特に既にゆうちょダイレクトを使っていて、大手キャリアからマイネオに移行するいう方がひっかかりやすい問題なのでぜひ目をお通しください。
さて、その問題というのがゆうちょダイレクトで登録メールアドレスを変更しようとする時、既登録の物と、新しく登録しようとする両方のアドレスにワンタイムパスワードが送られ、双方を控える必要がある事です。
非常に分かりずらく手間のかかる不具合といっても差し支えないと思います。
古いアドレスはいらないと思って、メールアドレス変更前に使用中止してしまう事は、決して少なくないパターンです。
ゆうちょダイレクトでこれをやってしまうと、使用中止した旧アドレスにワンタイムパスワードが届きません
結果として、オンライン上でメールアドレスの変更が行えなくなるのです。
こうなると最悪で、郵送書類でのメールアドレス再登録が必要になります。
この手続きには、1週間以上の時間がかかりますから、つまりそれだけの間ゆうちょダイレクトが使えなくなってしまうのです。本当にご注意ください。
なお、ゆうちょダイレクトではメールアドレスを4つ登録可能なので、2つ以上のアドレスを登録し、複数のアドレスでワンタイムパスワードを受け取れる様にしておけば、不具合に陥るリスクを減らせますが、ここでさらに注意点です。
ただメールアドレスを登録するだけでは、ワンタイムパスワードを受け取れません。
登録したメールアドレス毎に、ワンタイムパスワードが受信できる様に設定しておく必要があります。
なお、mineoメールは1回線につき1アドレスですから、ゆうちょダイレクトに登録する2つ目以降のメールアドレスは、Gmail等のフリーメールを利用するのが簡単です。

マイネオ契約にはエントリーコードの利用がお得

マイネオの契約には通常、3,300円(税込)の事務手数料が必要ですが、当サイトで配布しているエントリーコードをご利用いただく事で無料になります。
ゆうちょダイレクトと格安SIM両立を狙ってマイネオご契約をお考えの方も、ぜひこの機会を、お見逃しなくどうぞ。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました