マイネオのAプランは一味違う!?au回線と他回線の違い

マイネオの特徴の一つに、3キャリアの回線から好きな回線を選択できる点があります。
これには多くのメリットがあり、通信エリアや端末のバンド帯・SIMロックの有無などから適切な回線を選ぶことで、スマホを快適に使うことができます。
一方で、純粋に回線の性質を比較してみると、au回線はドコモやソフトバンクと異なる点が多いのです。
使用感や端末との相性の面でも良し悪しがあるため、人によってはマイネオのAプランを選ぶと嬉しいことがあるかもしれません。

au回線はVoLTE対応端末必須

まず注意からになりますが、au回線はVoLTE対応の端末でなければ使えません。
VoLTEは通話を4G(LTE)回線経由でやり取りする技術であり、VoLTE非対応端末は通話を3G回線で行っています。
現在、基本的にはau以外も通話はVoLTEで行われています。
問題は、auは他の回線と違い、VoLTE通話用のSIMと3G通話のSIMが分かれています。
3G通話用のSIMは黒い色をしているためau黒SIMなどと呼ばれることがあり、元auユーザーなら見聞きしたことがあるかもしれません。
そしてauは他キャリアに先立って3G電波の停波を2022年に行うため、黒SIMの新規発行を停止しました。
マイネオのAプランもau経由でSIMが発行されているので同様です。
ですから、今後au回線を使うにはVoLTE対応の端末が必須となります。
ドコモやソフトバンクは仕組みが異なり、同一のSIMで通話に3Gを使うかVoLTEを使うかを切り替えることができるようになっています。
ですがいずれ、3Gが停波すればVoLTE非対応端末で通話が行えなくなることは同じです。
とは言え、ここ4~5年の国内向けのスマホはほぼ全てがVoLTE対応ですので、あまり心配する必要はありません。
6年以上前のスマホを使い続けている人や、グローバル向けの海外端末の並行輸入品などを使っている人は確認が必要です。

au回線は昼の混雑時に強い!

au回線のメリットはなんといっても昼の混雑時に強いことです。
マイネオのAプランに限らず、au回線を使う格安SIM全般に見られる特徴で、格安SIMの通信速度ベンチマークでau回線だけ昼にまともな速度が出るという結果が度々取り沙汰されました。
実際のところ、なぜau回線だけ昼に速度が出るのかはよくわかっていません。
既にこの情報は多くの人が知るところとなっており、マイネオでもAプランだけ人が少ないということはないはずです。
しかし現在マイネオで各プランを比較してみても、昼12~13時はAプランだけが3~5Mbps程度でて、Dプラン・Sプランは1Mbpsに届かないことが多いのです。
いつまでこの傾向が続くのかは不明ですが、昼休みの時間帯にどうしてもまともな速度でネットが使いたい!という方はAプランを選ぶのがいいでしょう。

au回線は必須バンドが大幅に違う

au回線の使うバンド(電波の周波数帯)は、ドコモやソフトバンクのそれと大きく異なります。
3キャリアそれぞれで使うバンドは決まっているのですが、その中でも「このバンドが届かない地域・掴めない端末では使うのが厳しい」という俗に「必須バンド」と呼ばれる周波数帯があります。
各キャリアの必須バンドですが、ドコモはBand 1, 3, 19、ソフトバンクはBand 1, 3, 8と2つ共通しています。
一方でauはBand 1, 18(26) (※Band 26は18を内包)とBand 1以外に共通点がありません。
これはauが良い・悪いという話ではなく、電波の入り方や速度の出方がauとドコモ・ソフトバンクで大きく異なる場合があるということを示しています。
またスマホによっても掴めるバンドが異なりますので、au回線の必須バンドは掴めるがドコモの必須バンドはBand 1以外掴めないというような端末もありますし、もちろん逆もあります。
もしDプランやSプランで電波の掴みが弱い・速度が出ないという方はAプランを、逆にAプランがいまいちならばDプラン/Sプランを試してみるといいでしょう。

Aプランは一長一短。昼によく使う人には文句なくおすすめ!

少し難しい話にもなりましたが、au回線とその他の回線では様々な点が異なるため、端末や環境によってAプランが良かったり悪かったりするというお話でした。
3キャリアから選べるのがマイネオの特徴ですから、回線品質に不満がある場合はDプラン/SプランとAプランをそれぞれ試してみると改善されるかもしれません。
また、Aプランの昼に速度が出るという点は明確なメリットですので、昼にネットをよく使う人にはAプランが手放しでおすすめできます。
お手持ちのスマホがau回線のバンドを掴むことを確認の上、Aプランで契約することをおすすめします。
また、マイネオで販売されている端末はどれもVoLTE対応で3キャリア全ての電波をしっかり掴めるものとなっています。
マイネオ公式からスマホを購入すればどのプランでも安心して使えますので、対応バンドの見方などがわからない方には特に公式から端末を購入することをおすすめします。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました