マイネオで電話がつながらない?電話トラブルが起きた時にチェックすべき点

マイネオ mineo 電話が繋がらない時はこの記事をチェックして マイネオ(mineo)

マイネオのデュアルタイプ契約では電話番号が付与されるため、キャリア回線契約と同じように電話の発着信が行えます。
しかしマイネオで電話がかけられない・つながらないといった口コミを目にすることがあります。
そこで、マイネオの電話トラブルが起きた時にチェックすべきポイントについて解説します。

LaLa Callを電話代わりに使っている人は注意

マイネオでは公式オプションとしてIP電話のLaLa Callをサービス提供しています。
LaLa Callは月額110円と非常に安価ながら、契約すると050から始まる電話番号が付与され、LaLa Callアプリ経由で通常の電話同様に発着信が行えます。
さらには通話料が通常の電話よりずっと安く、LaLa Callの番号同士の通話は完全に通話料が無料になるなど、使いこなすと非常に強力なサービスです。
しかし、LaLa Callに限りませんが、IP電話は通常の電話と仕組みが違うため、通常の電話の代わりにはならない点に注意が必要です。
LaLa Callは通常の電話回線を経由しておらず、ネット回線を経由しているデータ通信の一種です。
インターネット上を流れるデータのプロトコルであるIPを利用した電話だからIP電話と呼ばれるわけですね。
そして、IP電話のデータには位置情報が付与されません。よって通常の電話のように、着信側に位置情報が全く通知されないため、位置情報を受け取って最寄りの管轄に転送される仕組みとなっている緊急電話への発信ができないのです。
IP電話から110や119にかけられなくても、これは仕様通りの動作となります。
同じようにほとんどのフリーダイヤルや一部のナビダイヤルにもかけることができません。
LaLa CallなどのIP電話は、基本的には個人宛てに発信する分には困らず通話料も安いですが、それ以外で不都合が起こる可能性がありますので、あくまで通話料を抑えるためのサブ番号としての運用をお勧めします。

mineoでんわアプリのバージョンが最新か確認しよう

マイネオでは公式で「mineoでんわ」という発着信用のアプリが提供されており、このアプリ経由で電話をかけるだけで通話料が安くなります。
このカラクリはどうなっているのかというと、mineoでんわで発信すると内部的には発信した電話番号の先頭にプレフィックス番号という専用の番号を付加した上で発信します。
するとマイネオのサーバー側で、キャリアの電話設備ではなくマイネオが自前で持っている電話設備を経由して電話発信を行うように通話データの行き先を変えるのです。
結果として、キャリアの電話設備の使用料が浮くために、ユーザーの通話料も安くできるわけです。
しかし、マイネオ側の電話設備は時々メンテナンスや更新が行われ、その時にプレフィックス番号が変更になる場合があります。
そのような場合はmineoでんわアプリも新しいプレフィックス番号を付加するようにアップデートされ、余裕を持ったスケジュールで更新版が公開されます。
ところが、アプリのアップデート設定を手動にしたままずっと放置していると更新があることに気づかないかもしれません。
そうして古いmineoでんわアプリを使い続けていると、いずれ古いプレフィックス番号が使えなくなって、通話が行えないというトラブルが起きます。
mineoでんわを使っていて電話がつながらない場合、mineoでんわアプリが最新かどうかをチェックしましょう。
またmineoでんわアプリに限らず、アプリを手動更新にしているならばセキュリティの観点から定期的にすべてアップデートし、最新の状態に保ちましょう。

シングルタイプでは普通の通話はできない

基本的な話ですが、シングルタイプ契約では通常の電話による通話は行えません。データSIMとも呼ばれ、音声通話はできない仕様です。
そんなことはわかってるよ!という声が聞こえてきそうですが、詳しくない人が申し込みの際にとにかく最安のプランを選んだ結果、データ専用のプランを選択し通話ができないとトラブルになるケースは少なくありません。
確かに格安SIMを選ぶならできるだけ安いプランをという気持ちはわかりますが、電話番号なしのシングルタイプはサブ回線用か「分かってる人」用のプランと考えたほうがいいでしょう。
電話自体はほとんど使わなくても、個人認証やSMS認証などで電話番号を必要とするケースは結構あるものです。

その他:キャリア電話網の障害情報もチェック

マイネオをはじめとした格安SIMはキャリアの電話回線網・データ回線網を借りて運営されていますので、キャリア回線に通信障害が発生すると格安SIMにも当然影響が出ます。
例えばDプランを契約している場合はドコモの回線網を利用していますので、ドコモの障害情報もチェックしてみてください。

電話回線自体の障害はまれ!まずは自環境をチェックしよう

前述のとおり、格安SIMは実質的にドコモ等のキャリアの電話網を使っていますから、電話回線の信頼度に関しては同等であり、障害でつながらないなどということは非常にまれです。
ですので電話がつながらないと思ったら、回線障害やマイネオの問題を疑う前にまずは上記について確認をしてみてください。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ
タイトルとURLをコピーしました