ユーザーが増えても昼が快適なマイネオ

mineo マイネオ お昼の時間帯も快適 マイそくとゆずるねのおかげです。 マイピタ・マイそく

かつて、格安SIMは昼に遅くなるものというのが常識でしたが、最近は各事業者の努力により昼の通信状況は良くなってきています。
また、広帯域や専用帯域を確保して「昼でも速い」ことをセールスポイントとする高品質格安SIMも増えてきています。
一方で、大々的にアピールこそしていないものの、密かに昼における通信品質に定評があるのがマイネオです。
直近のデータでもその傾向は変わっておらず、マイネオの昼時間の通信品質はかなり良い状態を維持しています。

今回は、マイネオの昼時間における通信品質について、直近のデータを元にあらためて考察してみましょう。

12月のネットワーク状況について

マイネオはネットワーク状況を公式コミュニティであるマイネ王で定期的に報告しています。
直近のデータである2022年12月のネットワーク状況は1月10日に公開されましたので、さっそくチェックしてみましょう。

12月のネットワーク状況について

12月のネットワーク状況について | スタッフブログ | マイネ王
定例のネットワーク状況報告、12月分です。「Webページ表示完了時間」を測定し、箱ひげ図を用いて通信品質をお伝えします。今回も「ゆずるね。」宣言者数の推移についても記載しております。

ブラウザで重いYahoo!のトップページを開き、読み込みが完了するまでにかかる時間を箱ひげ図で表したグラフが示されています。
詳細はリンク先にあるため割愛しますが、お昼休みの12:15〜12:45と夕方の18:15〜18:45の結果にそれほど差が無いことがわかります。
昼の方が若干読み込みに時間がかかっているものの、Aプラン以外は昼と夕方の読み込み時間の差が1秒未満に抑えられており、実用性ではほとんど差が無いと言えるでしょう。

また、昼時間の速度は12月の結果においてはAプランよりもDプラン・Sプランが若干良い結果となっています。
現在eSIM提供がAプランのみのため他プランより混雑しているという原因が大きいかと思いますが、これまで昼が早いと言われていたAプラン以外でも十分なレスポンスを実現できていることがわかりますね。

昼が快適な秘密は「ゆずるね。」にあり!

それでは、マイネオが昼時間にさほど回線速度が落ちないのは何故でしょうか?
先ほどの「12月のネットワーク状況について」には、ページ読み込み時間のデータの後に、ユーザーの「ゆずるね。」参加状況のデータも添えられています。
そこを見るとわかるのですが、2021年以降ずっと月に5万人以上がゆずるね。を宣言し、4万5千人以上が達成しているという驚くべき状況があります。
2022年12月も月に5万5千人が参加し、その約87%が達成しているというのですから驚きです。

ゆずるね。は昼の時間帯に一定以上のデータ通信を行わないことを宣言し、宣言通り他のユーザーへ譲ると達成となり特典が得られるサービスです。
つまり、これだけの人数が常に昼時間帯の回線を「ゆずって」くれているわけですから、快適なのも当然と言えるでしょう。

マイそくの追加も昼が快適な一因

2022年に新たに加わった基本プランの一つ・マイそくもまた、快適な昼時間の一員になっていると考えられます。
マイそくは安価でデータ使い放題のサービスである一方、平日昼に32kbpsという極端な速度制限がかかるという、メリットとデメリットがはっきりしたプランです。
32kbpsは実質的にネットが使用不可と言えるレベルで、実用的に使えるのはLINEやメールのテキストのやり取り程度、軽量のスタンプ画像さえ表示されるまで1分待たされるような感じです。
ですので、こちらも結局は平日昼にデータ通信を使わない(使えない)ことになるため、結果的にマイそくユーザーに昼の回線帯域を譲ることになっています。

そして、マイそくはスタンダードでもマイピタ1GBより安いというかなり野心的な料金設定により、あっという間にマイネオを代表するプランとなりました。
マイそくにユーザーが集まるということは、それだけ相対的に昼が空くということです。
結果として、マイネオの盛況具合とは裏腹に、快適な昼時間を実現できているのですね。

あらためて、昼に快適なマイネオ

以上、マイネオの昼が快適な現状とその理由について解説しました。
他にも、マイピタにはさらに通信帯域を優先して使うことができる「プレミアム1DAYパス」などもあり、昼も快適な格安SIMの地位を不動のものとしつつあります。

前述の通り、マイネオ運営は「ゆずるね。」「マイそく」などのシステムによって昼の帯域を空けることに腐心しています。
これは言い換えれば、昼に通信するマイピタユーザーは、他の多くのマイネオユーザーに譲られて快適に使えるということでもあります。
お得なマイそくを羨ましげに見つめるマイピタユーザーという構図も見られましたが、マイピタはマイピタで昼時間にマイネオ回線の特等席を使えるというメリットがあるわけです。

平日の昼休みにネットを快適に使いたいと思う方は多いと思いますが、データをたくさん使うヘビーユーザーであればなおさらだと思います。
マイピタ10GB・20GBはその容量単価の安さとパケット放題Plusが無料付帯なことから元々ヘビーユーザーから評価が高いですが、昼に速度があまり落ちないという点も大きな評価点と言えるでしょう。
お昼休みにネットを楽しみたい方・仕事用として日中ネットを使う方・ヘビーユーザーなどには、お昼も快適なマイネオを強くお勧めします。

エントリーコードを入手してお得に使おう

当サイトではマイネオの契約事務手数料3,300円が無料となるエントリーコードを配布しています。
お得にマイネオを始められるのでぜひ使ってみて下さい。

事務手数料無料になるエントリーコードはこちら。
タイトルとURLをコピーしました