この記事はmineo代理店トラストが作成しています。

マイそく スーパーライト登場!使える?使えない

mineo マイネオ マイそくスーパーライト発表 その使い方は マイそく

マイネオから2023年春の新サービス発表がありましたが、その中でひときわ目立ったのがマイそく スーパーライトです。
マイネオが誇る、飛ぶ鳥を落とす勢いのマイそくシリーズですが、さらに末子に2/22よりスーパーライトが加わるというのです。
そこで、マイそく スーパーライトはどのようなプランなのか、お得で使えるプランなのかを一足早くチェックしてみたいと思います。

250円の新プラン、マイそく・スーパーライト!

マイそく スーパーライトはマイそくシリーズの中でも最も低価格なエントリープランです。
これまでマイそくシリーズではライト(660円/月)が最安であり、そもそもライト自体もスタンダード・プレミアムからだいぶ遅れて提供が始まったものでした。
そしてライトも速度をかなり絞ったプランだったため実用性の有無が争点となりましたが、スーパーライトはさらに低速・低価格に振り切ったプランです。
注目を集めるのも必然と言えるでしょう。

スーパーライトの回線速度は常時32kbps、これはライト以上のマイそくの平日12〜13時にかかる強烈な速度制限下と同じです。
つまりスーパーライトは、250円/月という激安維持費の代償として、やむことの無い最大クラスの速度制限がかかるプランなのです。
マイネオ一、それどころか格安SIM一に尖ったプランだと言えるでしょう。

最高速度32kbps!何に使える?

32kbpsという超低速回線を何に使うかと問われれば、個人的には「完全に電話しか使わないシニア向け、もしくは格安電話番号維持用」だと考えます。

前述の通り、32kbpsという数字はライト以上のマイそくの平日昼にかかる速度制限下のものと同じです。
もし全く同じ制限がかかった状態であるならば、ライトでの制限下の実測20kbps程度(マイそく ライトの平日昼の実測値)であると思われ、「実際は32kbpsより多少おまけしてくれるだろう」とは考えない方が無難です。
この実測20kbps程度の環境下では、できることは想像以上に限られます。
というより、無意識に私たちが日常生活の中で使っていたサービス・アプリが、どれもこれもネット通信して実現されていたんだということが思い知らされます。

例えば、過去にマイそくライトで平日昼にQRコード決済アプリを試した記事を書きましたが、アプリが起動して決済可能になるまでに17〜52秒かかりました。

マイそくで平日昼に○○は使える? QRコード決済編
非常に安価ながらデータ使い放題のマイそく。ですがその弱点として平日昼の12〜13時に回線速度が32kbpsの超低速に制限されます。 お昼の買い物でQRコード決済は使えるのか?果たして一番早いのは、、、

その時は、昼だけならば事前に起動しておいて運用でカバー可能な範囲であるとまとめましたが、常時この状態であるとすればちょっと受け入れがたいと考える人も多そうです。
他にも、ニュースアプリやSNSなどは軒並みかなりの待ち時間が発生し、現実的に使うことは難しいでしょう。
LINEでのテキストのみでのやりとりでもタイムラグが発生し、スタンプは本当に1分くらい表示されません。

32kbps制限はもはや「用途を絞れば使える」というレベルではなく、QRコード決済のような意外な日常的サービスにも影響が出ます。
よって、「本当に」ネット通信を使わない電話専用・電話番号維持用のプランだろうというのが正直な感想なのです。

マイそくスーパーライトはお得?マイそくライトと比較

一方でマイそく スーパーライトの安さは本物であり、維持費最安プランの最右翼に躍り出ました。
そしてスーパーライトと比較対象になるのは、やはり同社のマイそく ライトでしょう。
そもそも格安SIMの中でも低価格で条件付きながら使い放題プランといえばマイそくくらいですので、同社の料金プラン同士で競争になってしまうのは宿命と言えます。

そこで2つのプランを料金面で比較してみましょう。
とはいえ、どちらも毎月のパケット量付与がない使い放題プランのため、単純な月額料金の比較(250円/月 vs 660円/月)だけで終わってしまっては参考にもなりません。
しかし、実は料金面でスーパーライトとライトの間には大きな違いが存在します。それは初期費用です

スーパーライトは超低価格ゆえか、契約時の事務手数料(3,300円)を回避する手段がないようです。
マイそく ライトを含めマイネオのプランでは基本的にエントリーコードなどを使って事務手数料を無料にすることができますが、スーパーライトはエントリーコードを使うことができないとアナウンスされています。
事務手数料は契約時の1回限りだから誤差の範囲と思うべからず。超低価格プランでは事務手数料の有無の差がかなり大きな違いになって現れます。

実際に、マイそく スーパーライトとライトの累計料金を比較してみましょう。ライトの方はエントリーコードで事務手数料3,300円が無料となっていると仮定します。
また、SIMカード発行手数料はどちらも必ずかかることから省略します。

1ヶ月後2ヶ月後3ヶ月後4ヶ月後5ヶ月後6ヶ月後7ヶ月後8ヶ月後9ヶ月後
ライト6601,3201,9802,6403,3003,9604,6205,2805,940
スーパーライト3,5503,8004,0504,3004,5504,8005,0505,3005,550

スーパーライトのみにかかる事務手数料3,300円を月額料金の安さで回収できるのは、実に9ヶ月後になります。
前述の通り完全に電話専用の使い方で、スーパーライトの制限が何ら問題にならないのならばいいですが、そうでなければ重い速度制限を我慢しつつ9ヶ月も使い続けるのはかなり大変ではないでしょうか。
ちょっと試してみるのもはばかられますし、最廉価帯のプランで回避できない事務手数料というのは思う以上に重荷です。

また、250円と660円は数字上はそれなりの差があるとはいえ、このあたりは「不便になるくらいなら多少出してもいい」と考えることの多いレンジです。
660円という月額料金は既に絶対的に安いですし、ライトならばそれなりに使えるサービスもスーパーライトではほぼ使用不能になると考えると、安いからといってもお得とは感じがたいのが本音です。

スーパーライトの活きる使い方は?

このようなスーパーライトを積極的に選んで活かす道があるとすれば、やはり絶対的な料金の安さを利用した通話用SIMです。

シニア世代に通話オプションを付けて
・家電話の代わりなど、待ち受け専用の電話機として
・電話番号を長期間維持するため

この中で実用性があるとすればシニア世代でしょうか。本当にLINEやSNSも一切使えないとなれば、速度制限も関係なく安さのメリットのみを享受できます。
もちろん通話オプションはスーパーライトだろうが何だろうが同じ効果ですので、通話専用プランとしては適しています。
ただし事務手数料がかかる点はやはり注意が必要で、長期間使い続ける見通しであることが前提となります。
一方で、シニア世代は格安SIMに疎い人も多いため、身内や身近に設定や相談できる人がいないと厳しかもしれません。

基本的にはライト以上がお勧めかも…

ということで、春の新サービスの目玉であるマイそく スーパーライトについて駆け足で紹介しました。
非常に尖ったプランなので、もう少し適した使い方などを紹介しフォローできたら良かったのですが、基本的にはマイそくのライト以上が普通は使いやすくてお勧め、というのが結論です。
マイそく ライト自体が既にユーザーを選ぶレベルで速度を犠牲にしているので、スーパーライトが適する人はデータ通信を全く使わない人というほかありません。

ですが、本当に通話専用で長期利用したいというニーズは0ではありませんので、そのようなユーザーを拾い上げる選択肢が増えたことは純粋に歓迎したいと思います。
また、フィードバックを受けて今後事務手数料が無料にできるようになれば、とにかく安さが正義のプランとしても一定の立ち位置を確立できるでしょう。
プラン発表直後の現在としてはあまりポジティブな評価ができませんでしたが、今後のユーザーの声や内容のブラッシュアップなどを期待して待ちましょう。

ライトで試してみる。エントリーコードを入手して

当サイトではマイネオの契約事務手数料3,300円が無料となるエントリーコードを配布しています。
お得にマイネオを始められるのでぜひ使って頂きたいものになりますが、スーパーライトをお試しで使おうとするとこのエントリーコードは使用できずに契約事務手数料3,300円を払って試すことになります。
試した結果やはり気にいらないとなると3,300円が無駄になってしまいます。
マイそくライト(月額660円)のほうであればエントリーコードが使えますのでお試しでの利用に適しています。
マイそくライトでは平日昼12~13時に32kbpsの制限がかかるので32kbpsでの使用感も試すことが出来ます。
試した結果32kbpsで問題無ければマイそくスーパーライトを、問題があればマイそくライトやスタンダードを検討するという形がお勧めかもしれません。
なお、ライトからスーパーライトへのプラン変更はできないためお試し期間中は新電話番号で行い、方針が決まれば電話番号持ち運び(MNP)を行うと良いと思います。(マイネオには最低利用期間のような縛りはありません。)

事務手数料無料になるエントリーコードはこちら。
タイトルとURLをコピーしました
マイぴょんセレクト入力
寝っ転がっているマイぴょん
マイぴょんセレクト
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
4ヶ月目
5ヶ月目
- 選択しているプランとオプション -
ネットを1日何時間くらい観ますか?
動画を1日どのくらい観ますか?
通話をよくしますか?
当てはまるものを選択してください(複数可)

・マイぴょんからの質問はここまでです。

・もっと詳しくシミュレーションしたい人は「自分で細かく選ぶ」を選択してください。

セレクト
マイぴょんセレクトを選ぶとマイぴょんが全力でプランを選びます
パケット放題Plus付
10分通話パック
月額
2228
×

15秒で答えられるアンケートにご協力ください。