各基本プランでできること・できないこと

契約のギガ(パケット)はどれがいいマイネオ(mineo)

格安SIMは複数のプランから自分にあった容量を選択できることで、本当に必要なぶんだけのコストを支払い無駄を省くことができるようになっています。
しかし、あまり詳しくないと1GBプランとか5GBプランとか数字で言われても、自分はどのくらいデータを使うのかよくわからないという方も多いでしょう。
そこで、基本プランの各容量ごとにおおまかにできることとできないことをまとめてみましたので、選択の目安にしてみてください。

1GBプラン:テキスト主体のやり取りならOK!

マイネオの基本プランの中で最安なのがこの1GBプランです。
最安のプランだから相当の妥協が必要かというと、使い方によっては意外とそうでもありません。
というのも、近頃はスマホの主な使い方はLINEやtwitterといったテキスト中心のSNSという方が多いのではないでしょうか。
テキストデータというのはギガ単位で通信が可能な現代のモバイル回線からすればほぼ無限にやり取りが可能のようなものです。
テキスト以外に多少のスタンプなどの画像がついたとしても、基本的には1GBで困らずに運用できるでしょう

また、音楽のサブスクリプションサービスやストリーミングサービスもそれなりに楽しめるはずです。一般的な音質の圧縮音楽ファイルのサイズは1曲あたり数MB~10数MB程度でしょうから、通常音質の曲をその都度インターネットからダウンロードしたとしても、通学・通勤や休憩中に聴く程度なら1GBの範囲内に収まるでしょう。
ただし、休みの日に一日中音楽を聴き続けたりハイレゾ音源を聴く場合は上位プランを選ぶべきです。

一方、どんな使い方・工夫をしても動画やボイスチャット・大容量ゲームなどを楽しむには力不足と言わざるを得ません。
一日で1GBを使い尽くしてしまいかねませんので、10GB以上のプランを検討しましょう。

5GBプラン:動画もまあまあ楽しめる!

5GBプランは1GBプランから一気にデータ容量が5倍になりました。この数字の差以上に使用感は大きく異なります。
まず一般的なSNSや非ハイレゾの音楽配信などは思う存分楽しめ、このプランからは動画サービスもそこそこ楽しめるようになります。そこそこというのは動画の解像度や画質設定によるということで、やや画質の荒いHD画質の動画ですとちょうど1GBプランにおける音楽配信サービスのような感覚で利用できるでしょう。
フルHD以上の画質の動画ではすぐデータが枯渇してしまうでしょうから画質は妥協する必要がありますが、小さなスマホの画面で動画を楽しむ分にはさほど問題にならないはずです。

ハイレゾ音源や大容量ゲームもまだこのプランでは頼りないでしょう。wifi通信や寝ている間に低速通信でダウンロードをしておくなどの工夫次第で運用できなくもないですが、やはりリッチなコンテンツを考えるなら10GBプランがスタートだと思ったほうがいいです。

10GBプラン:スマホで楽しむコンテンツはだいたいOK!

10GBプランにもなるとスマホで楽しむコンテンツはだいたい現実的な最高品質で楽しめるでしょう。音楽ならハイレゾ音源もいけますし、動画もフルHD解像度までならかなりの時間鑑賞することができます。4K動画はさすがに辛いですが、そもそも現在のほとんどのスマホの画面解像度は4Kに満たないのでフルHDと4K動画で違いを感じるのは難しいはずです。
そういう意味で、スマホのスペック上における最高品質のコンテンツを楽しめるプランであると言えます。
スマホだけで使う分にはほぼ何でもできる10GBプランですが、テザリング機能を有効にしてスマホにパソコンなどを接続して使うとまだデータ容量が枯渇する可能性があります。
パソコンの画面だと4K動画を見ることもあるかもしれませんし、スマホとはデータの消費量がかなり違いますので、パソコンをつなぐなら最上位プランを検討してみましょう。

20GBプラン:ここまでくれば何でもあり!

20GBというデータ容量はパソコンの月間通信容量としても多少余裕があるレベルであり、何をするにしても足りないということはないでしょう。
スマホだけで使うには過剰なレベルですので、スマホをテザリング機としていろいろな機器をつなぐつもりだとか、あるいは4Kディスプレイを搭載したハイエンドスマホで最高品質の動画を視聴し尽くしたいという方におすすめします。
また、20GBで足りないことはほぼないと思いますが、10GB以上のプランでは低速通信が200kbpsから1.5Mbpsに改善するパケット放題 Plusオプションが無料で契約できますので、20GBでも足りなくなるようなら無料オプションを契約して活用するともはやデータ量に関する不安は起こらないでしょう。

まとめ:多めのデータ容量から試してみよう

基本的にはミニマムサービスな1GB音楽とちょっと動画を見られる5GBそれ以上のことがしたいなら10・20GBという感じの選び方になりますが、マイネオの基本プランは容量が多いプランほどギガ単価が安くなっていきます。
このため、最初は数百円高くなっても多めのプランを契約して、その後データの残り具合に応じてプランを下げていくのが賢くプランを選ぶコツです。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました