ライカカメラスマホがマイネオに降臨!AQUOS R6

AQUOS R6 世界が注目 mineoでも使えるマイネオ(mineo)

最近のハイエンドスマホのカメラ性能競争は凄まじく、カメラにネット機能がついているなどと比喩的に言われることもあります。
しかしそれがただの比喩ではなくなるときが来てしまいました。
大手カメラメーカーのライカが全面協力して作り上げた、巨大ズミクロンレンズを背負うその姿はまさにカメラそのものです。
世界が注目したSHARPの新機種、AQUOS R6をチェックしてみましょう。

細部にまでこだわりがすごいカメラスマホ

今までもカメラ機能に「○○社監修」としてブランド名があてられることはありましたが、ライカのAQUOS R6への協力関係がそういうレベルではないことは一目見てわかります。
とにかく目を引くカメラレンズのユニットは巨大で美しく、非常に緻密な作りです。このレンズにはズミクロンレンズの名が与えられ、レンズ周にもSUMMICRONと刻印されていますが、これはライカが自社のカメラ用レンズに与えるブランド名です。
つまり、本物の高級カメラに使うレンズと同等の品質であることをライカが担保しているという事実を示しています。
上部のLeica表記も、この機種へのライカの並々ならぬ入れ込み方を伺わせます。

AQUOS R6

カメラ性能はまさに「本物志向」

肝心のカメラの性能に移りましょう。AQUOS R6はスマホ用のカメラセンサーとして初めての1インチセンサーを搭載したことで世界的にニュースになりましたが、これを最大限活かすカメラ屋であるライカらしいチューニングになっています。
昨今のスマホカメラへのアプローチは、Googleを筆頭としたAIによる補完をできるだけ効かせて誰がどう撮ってもそこそこ以上の画になるような方向性と、SONYなどが目指すユーザーが撮りたい画をできるだけストレートに反映する方向性に分かれていますが、もちろんAQUOS R6は後者に振り切ったカメラです。
と言っても玄人以外が扱えないような気難しいものではなく、十分な光量が確保できていれば眼を見張るような鮮やかな画が撮れますし、薄暗いシーンでも物憂げな空気感が非常によく再現されます。
今流行りのAIによる夜景モードのような、真っ暗闇でも全自動で明るく見せるような補正はやや弱いというだけで、常識的な環境ではトップクラスの画作りをしてくれます。
1インチセンサーの強みが最も現れる点の一つが「ボケ」です。
最近のスマホはAIによる輪郭検出で背景を判断しボケをかけており、この検出能力の向上により非常に自然なボケをかけられるようになってきました。
しかしそれも1インチセンサー搭載という正攻法かつ力技にはかないません。
他スマホだと輪郭に迷ったり全くボケがかからないシチュエーションでもAQUOS R6なら自然なボケをかけることができ、かといって過剰にもならず非常にいい塩梅です。
見るものに訴えかけるようなSNS映えする画が簡単に撮れるので、ついつい色々な写真を撮ってしまいたくなります。

カメラだけじゃない!AQUOS印のIGZOもすごい

AQUOS R6の一番のウリがカメラであることは疑いようがありませんが、それだけではありません。AQUOSは元々SHARPの液晶テレビのブランドとして始まり、その技術は同ブランドのスマホにも惜しみなく注ぎ込まれています。
AQUOS R6はただのAQUOSシリーズにおけるカメラモデルなのではなく新フラッグシップなのですから、ディスプレイも過去最高の品質なのです。
AQUOS R6はSHARP新開発のPro IGZO OLEDディスプレイを搭載しています。
IGZOは元々SHARP製ディスプレイパネルのウリとなるコア技術で、低消費電力と高リフレッシュレートを両立するIGZOパネルはスマホと非常に親和性が高く、IGZOパネル搭載だからAQUOSを買うというファンもいるほどです。
そのIGZOの最新版であるPro IGZO OLEDはさらなる低消費電力を実現しながら、可変リフレッシュレートで最大240Hzを実現しました。ゲームや動画は動きが激しいシーンでも残像やチラつきが一切なく、驚くほどの滑らかさを体験できます。
一方で画面のリフレッシュが起きない時は1Hzまで下げるので、静止画中心のコンテンツを利用しているときのバッテリー消費量の少なさも驚異的です。
OLEDらしくコントラスト比は極めて高い2000万:1で沈み込むような黒はどこまでも深く、照度も2000nitと直射日光の下での使用にさえ耐えます。

名実ともにフラッグシップの性能をマイネオで!

ライカとの協業体制の発表とAQUOS R6の実機画像が初めて世に出たとき、世界中から驚きを持って迎えられました。
カメラメーカーが本気で作ったレンズを搭載してしまったことで、スマホのカメラ戦争に一つのピリオドが打たれた感さえあります。
そんなすばらしい当機を携えて色々な風景を撮影し、人に見てもらえたら楽しいもの。
AQUOS R6で撮った写真をマイネオのPhotographyサービスで公開してみるのはいかがでしょうか。
他にもマイネオには自由掲示板などで多くの写真が投稿されています。公式コミュニティが充実したマイネオで過去最高のカメラスマホを楽しんでみませんか。

新規でご契約予定の方へ

当サイトではマイネオの契約事務手数料3,300円が無料となるエントリーコードを配布しています。
是非お気軽にご利用ください。
また、マイネオでは11/30まで5Gオプション6ヶ月無料キャンペーンも行っています。
5G端末にはやっぱり5Gオプションで出先でも高速を味わいたいものです。

エントリーコード 無料配布中 マイネオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました